テオ・ガイド THEO Guide

「Wノーベル賞理論」がすごい

THEOでは二つのノーベル経済学賞を受賞した理論を用いて運用モデルが作られています。ノーベル賞を貰うほどの理論とは、どんな理論なのでしょうか。THEOの運用を支える理論について解説します。

ノーベル賞1! 現代ポートフォリオ理論

THEOでは二つのノーベル経済学賞を受賞した理論を用いてポートフォリオを構築します。その理論とは「現代ポートフォリオ理論」と「資産価格の実証分析」というものです。
「現代ポートフォリオ理論」とは、金融資産への投資比率を決定する理論。リスクを抑えながら一定のリターンを得るためには、多数の銘柄や複数の資産に分散して投資することが有効であると示したものです。1952年にハリー・マーコウィッツ氏が発表した論文(※)を始めに研究が進められ、氏は1990年にノーベル経済学賞を受賞しました。
値上がりする個別銘柄を見極めて投資することは極めて難しいので分散投資は非常に有効な投資手段ではありますが、個人で市場全体に投資するのは非常に手間がかかります。THEOならあなたの代わりに市場全体に分散投資を行っています。

Markowitz, Harry M. (1952), “Portfolio Selection”, The Journal of Finance 7 (1): 77-91,doi:10.1111/j.1540-6261.1952.tb01525.x, JSTOR 2975974

ノーベル賞2!資産価格の実証分析

実際に、「現代ポートフォリオ理論」が正しいと明らかにしたのが、2013年に「資産価格の実証分析」でノーベル経済学賞を受賞したユージン・ファーマ氏です。氏は「効率的市場仮説」を提唱しています。これは、「市場は極めて情報的に効率的にできており、株価はニュースによって調整されて、常に全ての情報を反映している」というものです。

では、効率的な市場からどうやって利益を得るのでしょうか。「単純に分散するだけでなく、銘柄の時価総額や、割安度などを考慮して投資をすること」、「マーケット全体に投資するよりも高いリターンが得られるファンドがあること」を「資産価格の実証分析」では示しています。
これはノーベル賞を受賞しただけあって、説明がとても難解ですが、食事で考えるとわかりやすいと思います。あなたはステーキを食べます。同時にサラダ、スープ、飲み物なども飲みます。このステーキ、サラダ、スープ、、、などの組み合わせがポートフォリオに当たります。一方、どんなスープやサラダを組み合わせるかによって得られる栄養素は変わります。THEOが行っていることは、管理栄養士よろしく、最適なポートフォリオをくみつつ、その組み合わせによって得られる栄養素を最適にしていこうということです。少しわかりづらいかもしれませんが、そんなことをTHEOは行っています。

これらのWノーベル賞理論を元に、スマートベータと呼ばれる様々な要素(ファクター)を勘案しながら分散投資をし、適切なリスク・リターン特性を持つポートフォリオがTHEOでは構築されているのです。

TOPヘ戻る